×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

変わりはほとんど無いと言ってもいいかもしれません。

変わりはほとんど無いと言ってもいいかもしれません。
不倫リサーチから身辺リサーチ、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うようなしごと内容は類似しています。
しかし、違いをあげるとしたら、傾向としては探偵事務所は企業や団体から多くお願いされ、ADVANCE探偵調査事務所は個人むけのようです。

 

 

 

不倫リサーチに必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。
とはいっても、これはあくまで平均の期間です。

 

 

 

普段から気づかれないように気を使っているパートナーのリサーチだと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあることも覚悟してちょーだい。

 

 

 

一方で、曜日が決まっているとかで不倫をしそうな日がもう分かっているなら、1日で十分な証拠が集まることもあります。

 

 

 

不倫リサーチに対してADVANCE探偵リサーチ事務所に払う予算は「実費」と「時間給」です。

 

 

 

実費にふくまれるのは、電プリウスやバスなどの交通費、フイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。
そして、時間給とは、何人で何時間リサーチしたかで、予算を算出します。

 

 

 

短時間で調査を完了すると予算も安くすむりゆうです。 ADVANCE探偵調査事務所が使う追跡グッズというものは、 自分でも買えるものかと言いますと、購入できます。

 

 

 

一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使用されることが多いですが、どんな人でもネット等で購入できます。プリウスに載せるGPS端末は、プリウスの盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。不倫した場合の被害予算の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいのケースもあります。
離婚をしない場合でも被害予算を請求できますが、金額は低いです。また、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。

 

 

 

どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。